ツムラ 白虎加人参湯 エキス顆粒(医療用)

暑気あたり、日射病、熱射病、風邪、糖尿病、かゆみが強い皮膚疾患

↓ご注文へ ↓ページ最終へ

この商品ページは、4ページあります。

ツムラ 白虎加人参湯 エキス顆粒(医療用)

医師・薬剤師  医師・薬剤師の処方箋解説

ここに記述した文書は、すべて医師または薬剤師の漢方薬処方箋解説です。医薬品購入使用者の口コミ情報ではありません。

【白虎加人参湯の症例・治例】…次の症例に近い病症の方は、本方剤をお奨めします。

1糖尿病

治例図

昭和5年生まれの男性。背は高いがやせている。食欲もあり、元気もあって仕事熱心な人である。健康診断で、糖尿病初期と言われたという。病院の薬や漢方薬を買って服用したが、調子がよくないという。非常にのどが渇き、寝るまで水を飲んだりしている。尿もそのためよく出ている。夜間も2、3回は排尿に起きる。実証タイプなので、白虎加人参湯を投与したところ、口渇は次第に減少し、疲労もなくなって、尿利も正常になった。当初話さなかったが夫婦生活も正常に戻ったと報告をうけた。その後も服用をつづけている。

現代病名:糖尿病

2〈口渇が激しく、左手がだるく口きどころがないという患者〉

治例図

49歳の女性。経閉後、肥満し、血圧が高くしばらく大柴胡湯をのんでいたが、3~4日前に感冒にかかり、左手が置くところがないほどだるいという。そのためよく眠れない。脈は浮で力があり、体温は38度を越している。悪感があり、発汗はみられない。私はこれに、麻黄加乖湯を与えたところ、発汗したけれども、軽快の様子がみれない。かえって、食物の味がなくなり、のどがひどく渇くようになった。そこで白虎加人参湯を与えたところ、たった1日分で全快した。

現代病名:口渇

3夜尿症

治例図

10歳の少年。毎夜遺尿をするという。体格、栄養、血色ともに普通である。床につく前にのどが乾くといって、水をがぶがぶのみ、どうしてもやめないという母の言葉にヒントを得て、白虎加人参湯を用いたところ、口渇が止み、遺尿も治った。

現代病名:夜尿症

4〈全身アトピーの小1女児〉

治例図

小学校1年生の女児。
全身のアトピー性皮膚炎で、皮膚は乾燥して赤く、痒いのでかくと落屑が粉のように落ちる。毎晩1~2回起きて全身を母親にかいてもらうという。食欲もあるし、口渇も強い。いろいろの手当てをしても効果が上がらなかったという。
問診すると汗をかかない子であると母親がいう。そこで汗腺の調節作用のある桂麻各半湯と白虎加人参湯を与えた。約2週間のむと少しずつ痒みが減っている状態になったが、口渇が甚だしいことと、異常に皮膚が乾燥し、座席に粉をまいたように落屑がでるのを目当てにして越婢加朮湯を与えたところ、2週間、4週間と経過がよく、皮膚に潤いがっき、痒みが減じ、約半年で完治に至った。学校で同級生たちにきれいになったといわれ、子供は喜んでいますと母親が言っていた。越婢加朮湯は皮膚疾患の場合、皮膚の「乾湿」はあまり考えなくてもよいといわれる。

現代病名:全身アトピー

5〈3ヵ月間、白虎加人参湯を飲んで完治〉

治例図

コンピューター関係の会社で働いているTさん(28歳・女性)は、このところ冬と夏に必ずかかる扁桃炎に悩まされてきました。冬の暖房と夏の冷房によるオフィスの乾燥が原因のようです。

そこで近所の漢方薬局へ出向いたところ、白虎加人参湯が処方されました。これは口の渇きによく効く漢方薬で、炎症や発熱を抑える効果があるほか、アトピーなどの皮膚湿疹にもよく効く薬です。

そのせいか、のどの痛みが取れただけでなく、皮膚のカサカサもきれいになったのです。飲みはじめて1ヵ月で、まずのどの渇きがなくなり、3ヵ月目にはほとんど治っていました。

Tさんはキムチなど辛いものが大好きだったのですが、漢方薬局で、辛い食べ物はのどの粘膜を刺激して充血させ、腫れを悪化させるから控えるようにと注意され、以来タブーになりました。

このように、日常生活から原因となるものを取り除き、プラスになる漢方薬で解毒して、細胞を潤していくことが大切なのです。

現代病名:扁桃炎

↑ページ先頭へ